INFORMATION

10/27(日) 安嶋健太郎ピアノ公開レッスン

img_3591

 

笠原智廣ピアノアカデミーではトップアーティストから学ぶシリーズとして一般にも広く機会を開放しています。
今回は、指導者としてピティナピアノコンペティションの審査員や、ピティナピアノステップのアドバイザーで全国各地でご活躍のピアニスト、安嶋健太郎先生をお招きいたします。
コンクールに向けて、基礎力の見直しなど、普段のレッスンとは違った視点で、メカニックのヒントから音楽の捉え方までご指導いただきます。

 

2019年10月27日(日)

 

一般からレッスン受講生を募集しています。
受講希望の方は任意の1曲から複数曲を用意し事前申込み をしてください。
聴講のみも可能です。
レッスン受講希望の場合はメールまたはお電話でお名前・ 年齢・連絡先・受講曲 をお知らせください。

 

募集定員10名
レッスン受講料15,000円(60分)
1日聴講券3,000円
会場・笠原智廣ピアノアカデミーコンサートサロン
(前橋テルサ駐車場棟市営パーク五番街シーズポート1階)
お問合せ・レッスン受講・チケット予約
info@piano-ac.jp

 

安嶋健太郎プロフィール
東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同研究生修了。在学中より多くのコンクールで入賞・入選を果たし、1998年にデビューリサイタルを開催。その後は、国際音楽祭への出演を含め、多くの国内外の演奏家とも共演している。2008年には各地で協奏曲や室内楽を含むデビュー10周年記念公演を開催し、好評を博した。後進の指導にも積極的に取り組んでおり、洗足学園音楽大学にてピアノ科講師を務めるほか、コンクールの審査や専門家を目指す学生を対象にしたマスタークラス、また楽曲分析講座なども行っている。現在までに、長みさ、下野寛子、三浦捷子、大高智子、津田真理の各氏に師事。洗足学園音楽大学講師。一般社団法人・全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。http://www.ajima-net.com/
ー音楽の友より
最初のバッハ、パルティータ第2 番は現代感覚に溢れた構成で、それがバロック真珠のような艶感のような色香のある音色とマッチ。ペダルも巧く、それは続くショパンでも利いていた。なかでも知的なロマンティシズムで奏したマズルカ第17 番と即興曲第3 番は絶品。(中略)後半は深遠かつ抑えた音色でリストの悲しみのゴンドラ。見事なアナライズに加え、ドラマ性もセンスも良い。白眉はバーバーのピアノソナタ。複雑な構成で難解な内容を、安嶋は愛おしさをもって果敢に臨む。対峙しては何かが生まれる純粋無垢な瞬間。お見事!(上田弘子氏/ 音楽の友12 月号)


CONTACT

お問い合わせ

アカデミーへ入室のご相談、
体験レッスンのお申し込み
Applyお申し込みcontact_mail
笠原智廣へ出演、講演、技術指導、取材
門下生へ演奏のご依頼など
Contactお問い合わせemail
スタジオレンタルについての
ご予約・お問い合わせ
Reserveスタジオ予約today
BLOG Contactお問い合わせemail